レビトラの特徴と正しい用法とは

レビトラの用法

レビトラ用法としては、服用する際には、水でなくてもほかの飲み物で飲んでも効果は変わりません。
しかしアルコールで飲む場合には注意が必要です。
もしもアルコールに弱い体質の人が一緒に飲んだ場合には、血管拡張効果によってアルコールが一気に体中をめぐって、倒れてしまう可能性もあります。
それとは反対にお酒を強い体質の人が、飲み過ぎてしまった場合には、薬の効果が全く現れなくなる可能性もあります。
もしも、ほどよいお酒の飲み方であれば、精神的に安定させることもでき、リラックス効果も生まれるでしょう。
特に緊張によりEDになってしまっている人の場合には、あえて少量のお酒と一緒に服用することで、大きな効果が期待できる場合もあります。
レビトラを服用する際の注意点としては、性行為をする1時間前に飲むようにしましょう。
もしも空腹で服用した場合には20分ほどで効果があらわれるでしょう。
もしも食事の前に服用することが難しい場合には、食事内容を脂分の少ないあっさりめのものにして、食べる量を抑え、食後2時間ほどあければ、比較的満足な効果が得られるでしょう。
10ミリグラムの場合には4から5時間ほどで、20ミリグラムの場合には8から10時間ほどで効果が現れます。
1日に服用する回数は一回までとし、必ず24時間以上あけてから次の薬を服用するようにしましょう。

レビトラを服用する際の食事レビトラの用法