レビトラの特徴と正しい用法とは

レビトラを服用する際の食事

レビトラについて更に知る : シアリスについて|バイアグラ・レビトラ・シアリス|東京銀座のED治療専門院

レビトラはバイアグラに次いで誕生したED治療薬です。
アスピリンの開発でも有名なバイエル薬品という製薬会社が製造販売を行っています。
オレンジ色の円形の形をしていますが、中身は白い薬剤となっています。
これはどの医療機関であっても保険適用外となるため、自費診療となります。
レビトラの有効成分としては、バルデナフィルが挙げられます。
この成分は白色からやや黄色がかった結晶性の粉末であり、水に溶けやすいという特徴があります。
この水に溶けやすいという性質はバイアグラには見られない独特のものとなっています。
そのため、ほかのED治療薬よりも効き目が早いという特徴があります。
レビトラの効果としては、服用すれば勃起するという薬ではありません。
性的な刺激を受けて興奮した後に、勃起することを補助する薬です。
性的興奮作用や性欲増強作用などはありません。
レビトラを服用する場合に、食事の影響を受けないと思っている人が多いかと思いますが、それはある一定の食事内容であれば影響がないということです。
食事の内容によっては影響を受けるということを頭に入れておかなければなりません。
開発会社によれば、標準的な食事の影響は受けないとされています。
標準的な食事としては、総エネルギーの脂肪の割合が30パーセント以内となっています。
標準的な食事は栄養学的にみるとカロリーが700キロカロリー、そして脂肪が30パーセント以内ということになります。
制限内の食事だったとしても、空腹時に服用した方が、体内に吸収しやすいことがわかっています。
薬の効果をしっかりと引き出すためには、空腹時に服用しましょう。

レビトラを服用する際の食事レビトラの用法